学生の皆様へ

               
               

私たちも含め、多くの学生が就職活動を中心に将来に対する不安を抱えています。 抱える不安は人それぞれですが、大きな原因として時期の問題があります。 将来についてしっかり考える時期です。通常は三回生になって訪れる就職活動の時期が将来について考える「きっかけ」になりますが、それでは遅いと考えています。 そもそも就職活動の期間は非常に短く、短期間で将来について自分なりの答えを導き出すことは難しいのではないでしょうか。 私たちの使命は、少しでも多くの学生に少しでも早く、自分の将来について考える「きっかけ」を提供することです。 HYGGERSには、大学生・短大生・専門学生が学年は一切関係なく自由に交流できる環境があります。本プロジェクトを中心に、一致団結してさまざまなプロジェクトに挑戦することで自信にも繋がります。 HYGGERSは小さな成功体験をたくさん積み重ねていただき、学生に自己実現の「きっかけ」を提供します。

近畿大学 3回生

三木 経弘

企業の皆様へ

同志社大学 3回生

山口 拓宏

               
               

僕たちは、学生カフェの学生スタッフとして、 本当に多くの学生と接する機会をいただいております。 また、そこに訪れるたくさんの企業さまとお話する 貴重な経験ができる環境に身を置いています。 ある日、そんな僕たちは一つの疑問を抱くようになりました。 「なぜ企業の声が学生に届かないのか」 そこで、2,500名の学生にアンケート調査を行なったところ、 実に72%の学生が「情報を得る方法が分からない」と回答しました。 この結果から僕たちなりに導き出した答えは、学生の力でより多くの企業の存在を、 より多くの学生に発信することの重要性です。 世間では、僕たち学生が大手志向であると認識されておりますが、実際は全く異なります。 正確には大手志向ではなく、 自分の知っている企業に就職するという表現が正しいと考えております。 HYGGERSを通じてより魅力的な企業を多くの学生に発信することで、 人生の選択肢を広げていただきたいと考えております。 HYGGERSには、そんな学生スタッフである僕たちの想いが込められています。

参画学生

参画企業

プロジェクト